top of page

​WORKS

過去に制作したものの一部をご紹介

370443226_260906463506731_1905981124523501807_n.jpg

​SCRAP

HIGH STOOL

& ORIGINAL COUNTER 

大阪市 

ISAMU KATAYAMA BACK LASH OSAKA

唯一無二のものづくりへの追求、熟練の職人による時代を越えたレザープロダクト 

同ブランドに関わる職人やオーナーの心意気、挑戦への敬意を什器製作の着想とする。

長い間、酒造りと杜氏を支えてきた酒づくりの古材をメインに製作

引き出し、底板、全ての見えぬ部分まで古材にて製作。

鉄のスクラップから生まれたオリジナルハイスツールと共に

店舗カウンター、商品展示什器を製作

credit by BACK LASH

​NAGAMOCHI SOFA

​宇部市/  明 private spa -akari-

明治期に作られ長く蔵で眠っていた長持

ソファとして再生され、次の世へ次の場へ

役目を終えたものに再び役目がうまれる

終わりからはじまりへ

長持のもつ重厚感を活かしながら、

両端のレザーは縫い継いで遊びの心を.

実は長い眠りから覚めた

蔵からでてきた長持ロボットかもしれない。

長く眠っていたから少し口下手、少し人見知り。

IMG_7241.jpeg

​Apollo Transform

山口市 外国車ディーラー様

​BEGINS プロダクト

スツールApolloを車の廃材部品を用い

scrap buildされた完全オリジナルタイプ 

Apollo custom  robo

squad armer ume-8
 

萩市 口福の馳走屋 梅乃葉 様

店舗の地域に古くから水揚げされる

須佐男命イカのイカ型モニュメント

目が発光、触腕も先端まで可動式、

関節も細やかに再現。 

img20180417164903379061.jpg
IMG_2573.jpeg

楠 table

長門市 Diningbar Zen 様

塩作りを営む店主の「塩づくりは海のみならず森こそが重要」との言葉をインスピレーションに、一枚板の木目を川の流れに見立て、森と海を繋ぐ川の姿をテーブルに表現

古来より神木として重要視されてきた

楠を用いる。

TWIN CINEMA
 

萩ツイン・シネマ 様

モビルスーツをイメージした

カウンター&ロビー

映画を観る前の高揚感、非日常なひとときへの

旅立ちを影響を受けてきた漫画、映画などのSF、未来への望郷を空間に詰め込む。

​廃材を多用し製作。

 

DSC_0060.JPG.jpg
IMG_7717.jpg

 SCRAP BUILD atelier

中𠩤木材

廃工場のアトリエ

潰れた工場で拾ったイタリア製マフラー

炭焼き小屋の窯に使われていた耐火煉瓦

解かれた家の柱、古い住まいの基礎石・・

あらゆる素材を縦横無尽にscrap buildした

中原木材や中原忠弦の脳内が表現された空間。

BEGINSシリーズ家具の基地でもあり、

数々のインスピレーションを生む場でもある。

SCRAP stove
 

中𠩤木材

廃工場に転がっていた

工業用送風機からできた薪ストーブ

年々メンテナンスを重ねる度にブリコラージュされ生き物のような姿に。

​アトリエのもう1人の住人

123141647_658448091703039_8026896496409126223_n_edited.png

笠山石 "ZA GU" 
 

萩市 Nero Bake 様


萩産笠山石と廃材で製作されたベンチ

石は萩の住宅に用いられてきた基礎石再生

IMG_4002.jpeg
IMG_1546.jpeg

飲み屋街の良い音とmeals
廃材外装

 

尾道市 BOLERO 様

 

古き良き酒場や飲み屋のの並ぶ一角にmealsやナチュールワイン、それに音響設備の整ったカルチャーとスパイスの香る店。

古いたばこ自販機を再生した小さな扉 、メインの扉は異国への入り口をイメージ。元の外装の動物の顔のようなデザインを生かし、

「陽」の目、「陰」の目を製作。

「陽」の目はharada toru氏との共作。

APOLLO HIGH
​ABU  

阿武町 ABU CAMPFIELD 様

阿武町産楢、無角和牛のレザーを用いたapollo highのオリジナル仕様

楢は生木を素直に。

生き物の脚のような姿

 

IMG_4019.jpeg
IMG_8948.jpeg

蕎麦屋の看板 
萩市 さるのこしかけ 様

店で提供する食材は自ら山へ入り、土を耕し、手を動かす店主の手と心の尽くされた蕎麦屋 

店主の暮らしと店に寄り添う古い道具を看板の素材とし、新たな役目を。

 

bottom of page