新着情報

掲載情報/おしらせ

215147636_1191159561312080_4931272113224979798_n.jpg

掲載情報>>ドゥーパ!143号8月号

JULY,8,2021

本日発売の「ドゥーパ!」に、普段暮らしている自作の可動式小屋を掲載いただいております。

動く部屋、生きている部屋というテーマで、材に生木を使っていたり、暮らしながらマイナーチェンジを繰り返しているため、生きもののように少しずつ変化している部屋です。

生活感満載でちょっと恥ずかしい気持ちもありますが、小屋づくりのノウハウやアイデアが満載です。

ドゥーパ!official website

https://dopa.jp

oni yozu all.jpg

プレスリリース>> 

山口県萩市見島に伝わる「鬼ヨーズ」を、郷土玩具に。 

山口ゆめ回廊博覧会のインフォメーションセンター内にあるSelect Shop[SELECT YUMEHAKU]にて7月1日より販売開始。

JULY,1,2021

有限会社中原木材工業(山口県萩市、代表取締役 中原俊昭、以下中𠩤木材)は、山口県萩市見島に古くから伝来する「鬼ヨーズ」をモチーフにした郷土玩具「鬼ヨーズ」を商品開発し、2021年7月1日より12月31日までJR新山口駅北口エリアに期間限定オープンする山口県央連携都市圏域(山口市、宇部市、萩市、防府市、美祢市、山陽小野田市、島根県津和野町)のセレクトアイテムを集めたSelect Shop[SELECT YUMEHAKU]にて販売を開始する事をご案内します。

商品写真 / 撮影:谷康弘

◆商品詳細

販売名:郷土玩具「鬼ヨーズ」

  色:赤・青・黄 3色展開

発売日:2021年7月1日(木)

販売価格:税込1100円

販売先:Select Shop[SELECT YUMEHAKU]、中原木材工業

◆開発の背景

中𠩤木材では、製材過程で生まれる木片や廃材の活用、再生方法を長年模索していました。その中でも素朴ながらいつの時代も暮らしの側に、こどもの側に寄り添ってきた郷土玩具に魅了され、廃材を活用した郷土玩具の商品化の構想を練っていたところ、NPO法人BEPPU PROJECT(大分県別府市、代表理事 山出淳也)より、山口ゆめ回廊博覧会に向けた商品開発のご提案をいただいた事を機に商品化に踏み出しました。

初製作の郷土玩具には、古くから郷土に愛されてきており兼ねてより特に心惹かれていた萩市見島に伝来する揚子(凧)「鬼ヨーズ」をモチーフにしました。

鬼ヨーズは、古来より萩市沖に位置する見島にて長男が生まれると成長の祝福、魔除けとして親類縁者が集まって製作した揚子(凧)で、畳8畳分ほどの大きさです。

正月に揚げるのが習わしで、現在も見島で製作されています。

郷土玩具「鬼ヨーズ」は、高度経済成長期に大量に製材していた電気コタツの木枠廃材を利用し、岩絵具、手漉和紙、萩産の藁を独自に編んだ藁縄など地域にある資源や伝統的な素材を選んで製作しています。

◆販売場所詳細

SELECT YUMEHAKU

住所:〒754-0041 山口市小郡令和1丁目2番6号 JR新山口駅北口2階

   新山口駅観光交流センター内

販売期間:2021年7月1日〜12月31日

有限会社中原木材工業

住所:〒758-0011 萩市椿東378番地

販売期間:2021年7月1日〜 



◆本件に関するお問い合わせ先

中原木材工業 担当:中原知美

電話:080-6347-3487 、0838-22-3666(代表)

メールアドレス:nakaharamokuzai@gmail.com

IMG_9726.jpeg

掲載情報>>ゆめはく公式ガイドブック

​jun,10,2021

現在発売中の山口ゆめ回廊博覧会公式ガイドブックに掲載頂いております。

山口県内&津和野町合わせて7つの市や町が美しい自然や文化、伝統、アートを通して繋がってひとつの大きな回廊のように。

7月から12月まで開催される博覧会で、各所でユニークな展示、トーク、ライブ、企画などが開催されます。

萩は、6/19にruco塩さんと松浦弥太郎さんの旅と交流をテーマとしたオンライントークも。

他、坂窯や八千代酒造などを巡りその心に触れるツアーや歴史や文化薫るイベントなど。

山口・福岡の書店やコンビニ、広島・関西・関東の書店などで販売されています。

7市町、其々風土を感じる企画が開催され、これまでとは違った視点で各所の風土や文化を体感できそうです。

ゆめはくweb

https://yumehaku.jp

続きを読む
IMG_9294.JPG

お知らせ​>>4月openday

APRIL 9,2021

 4月17日・18日 両日 10:00〜19:00

>レクチャーについて

主に今中原木材が製作しているアイテムを軸にものづくりの本質を大切に、レクチャー参加者との対話を交えながら技術をシェアします。

>4月のレクチャー

10:00〜 ゴッホの椅子の座面編み

13:00〜 可動式小屋 「方舟」屋根部分の製作現場

16:00〜身近な道具ではじめる革細工



参加費無料

途中参加退出ok

1回1時間程度


 椅子の座面編みは、割いた布やペーパーコードなど他の素材でも代用できます。座面の壊れた椅子のアレンジにいいかもしれないですね。方舟は前回の場所から移動して屋根部分の製作中。 革細工は極力身近なものと最低限の道具を使うスタイルです。 基本レクチャーなので見ていただきながら対話をする流れですが革細工については、家具製作で出た端レザーを購入の上、簡単なものを製作する事もできます。 他、先月に引き続き 物販と自家菜園の野菜販売があります。 また、今月より まな板の削りなおしサービスもスタートします。 こちらは別途お知らせします!

続きを読む
ae2203_181f645e700347d0b3b88e2aa8ef8a69~

お知らせ>>価格表示を税込表示へ変更しました。

2021.March 31

2021年4月1日付より消費税を含む「総額表示」の義務化に伴いHP上に掲載している価格を全て税込表記に変更しております。

  

続きを読む
158686550_1118338181927552_4247128622785724382_o_edited.jpg

お知らせ>>OPENアトリエについて

​March 12,2021

今月より様子を見ながらではありますが月に1度アトリエOPENしていきます。3月は以下日程です。


3月27日・28日

両日10:00~19:00


>>レクチャーについて

主に、今中原木材が製作しているアイテムを軸に、ものづくりの本質的な面を大切に、レクチャー参加者との対話を交えながら技術をシェアします。

レクチャーのリクエストがある方はお会いした時に是非聞かせてください。

タイムスケジュールは10時,13時,16時です。ゲストを迎えての開催も今後予定しています。


>>今月のレクチャー

10:00~ 漆を使った金継ぎ

13:00~一枚板テーブル製作

16:00~可動式小屋 "方舟"

参加費無料

途中参加退出ok

1回1時間程度

※ワークショップではないのでお間違えなきよう、です。

他に物販など予定しております。

詳細などSNSページにてUP予定です。

IMG_7717.jpg

お知らせ>>アトリエの見学について

March 6 , 2021

  

昨年5月から新型コロナウイルス感染症の終息の兆しが見えるまではと クローズしていた中原木材のアトリエ。まだまだ完全終息までには時間を要するご時世ではありますが今月3月より様子を見ながら感染対策を講じた上で定期的なオープンを予定しています。


アトリエのオープン日には、木工やものづくりや暮らしで役立つミニレクチャーを始め、これまでのアトリエオープンとは異なったスタイルでスタート致します。


日時·詳細は改めてお知らせします。

IMG_8956_edited.jpg

掲載情報>>メトロミニッツ ローカリズム3月号

Feb 20,2021

東京メトロ53駅で配布されているフリーペーパー「METROMIN. LOCALRHYTHM」2月20日発行紙面にて、萩のリトルプレスつぎはぎ編集部のおすすめスポットのひとつに中𠩤木材をご紹介いただいております。


「パラレルワールドの入り口」ですって!

なんだか嬉しい。


関東近郊にお住まいの皆さま、見かけたら是非手にとってみて下さい。

メトロミニッツローカリズム[metromin.LOCALRYTHM]

Official WEBsite

https://www.ozmall.co.jp/metromin/

つぎはぎ WEBsite

https://tsugihagi.info

スクリーンショット 2021-01-08 14.39.47.png

掲載情報>>ドゥーパ!140号2月号

July 8 , 2021

「ドゥーパ!140号2月号 火のある暮らしの作り方」に中𠩤忠弦と中𠩤木材の薪ストーブについて掲載いただきました。送風機を改造して作ったストーブを始め2019年に廃材で制作したばかりの簡易ストーブや調理器具としてのストーブの事など。本日1月8日発売です。


ドゥーパ!official website

https://dopa.jp